トップページ >  各部位の薄毛を改善 >  生え際(M字)が薄い

生え際(M字)が薄い原因と対策!

生え際(M字)が薄い原因
若ハゲ・薄毛の原因といえばDHTといわれるほど薄毛で悩む人達に知られるようになりました。AGA(男性型脱毛症)の最大の原因としてDHTをいかにコントロールしていくかが抜け毛を減らし、髪をフサフサに導く決め手です。とくにM字型ハゲは若ハゲの代表例であり、DHTが頭皮の中で暗躍しているものです。 それでは、M字型の薄毛を解決するためにはどうDHTへアプローチすればよいのでしょうか。そもそも、DHTが生成されるためにはテストステロンと5αリダクターゼの2つが結びつかなければなりません。還元酵素であるこの5αリダクターゼは薄毛の人の毛乳頭細胞のなかに多く存在し、強力な脱毛司令を出し続けます。これがおでこがM字にハゲていく大きな原因となっており、DHTを生成させないために5αリダクターゼの働きをどう弱めていくかが、育毛対策のポイントとなります。
生え際(M字)が薄い対策方法!
5αリダクターゼによってテストステロンがDHTへと結合する流れにおいて、そのサイクルを断ち切らなければ日々発令しつづけている脱毛司令を止めることはできません。増え続けるDHTは髪の毛を生み出す毛乳頭細胞に悪さをします。つまり、毛乳頭細胞内に存在するレセプターにDHTが入り込んで、脱毛司令を出しっぱなしにしてしまうのです。この現象は一時的なものではなく、一度始めってしまうと雪だるま式にどんどん増えてしまいます。薄毛になるとみるみるうちに髪の毛が減っていってしまうのは、そういう理由からです。 したがって、少しでも早くこの司令を止めるために、5αリダクターゼがテストステロンと結びつこうとするとき間に入って止めるような成分が育毛剤には求められます。さらに、育毛剤は5αリダクターゼの抑制だけにスポットを当てるものではなく、頭皮の皮脂を抑えたり血行を良くしたりする成分も合わせて配合されていますので、あらゆる角度から毛髪の成長サイクルを健康な状態に戻す効果が期待できるのです。
生え際(M字)の薄毛を改善する3つのポイント!

DHTコントロールが育毛の決め手!
5αリダクターゼとテストステロンを切り離す!
DHT抑制成分をサポートするさまざまな有効成分をチェック!

生え際(M字)の薄毛が気になる方の育毛剤ランキング

BUBKA(ブブカ)

抜け毛予防と育毛促進作用のダブルアプローチ

実際に商品を使用したモニターによるアンケートにおいて『92%ものユーザーが育毛効果に満足した』という驚くべき実績を上げています。日本初商品化となった『M-034』は世界初の革新的育毛成分で、これまでのような抜け毛を防ぐだけでなく育毛促進作用も発揮します。このダブルアプローチによって発毛の実感をスピーディにつかむことができます。そして、育毛剤で最近大切にされているのが無添加や無香料といった点でしょう。ブブカなら育毛成分の足を引っ張るような余計な成分は配合されていないので安心して使えます。

M-1育毛ミスト

毛母細胞へダイレクトにアプローチ

毛母細胞へダイレクトにアプローチすることを第一に考えた結果採用されたのが世界初となる分子ピーリングテクノロジーです。長年の蓄積が輝く酵素研究の粋を集めて開発sれており、』頭皮や毛穴の奥までどんどん低分子成分が入り込み、皮脂や老廃物を根こそぎ取り去ります。さらに、毛乳頭細胞にまで届くため、頭皮自体をマッサージするかのように柔らかくします。頭皮の健康が髪の毛の健康につながるという基本を最先端な技術で実現した画期的な育毛剤です。

薬用ポリピュア

毛乳頭を呼び覚まし髪の成長期を延長

17年もの開発期間を経て登場した中心にバイオポリリン酸への飽くなき追及があり、これにより毛乳頭に対して発毛司令を直接命じることができるようになりました。とくに眠ってしまうと活性化が難しいと言われていた毛乳頭を呼び覚ませることが可能となり、髪の成長期を伸ばして抜け毛をセーブします。

BUBKA(ブブカ)が第1位に選ばれる理由!

他のハゲとちがって回復が難しいと言われているM字型ハゲでも改善の可能性を十分に秘めた育毛剤、それがブブカです。配合成分の代表である『M-034』は発毛効果が期待しにくい生え際にもダイレクトに作用する強力な育毛成分です。世界的に薄毛治療に採用されているミノキシジルと同等レベルのパワーがありながら、海藻から抽出された自然由来成分という副作用がない点が魅力です。DHTを含めたさまざまな男性ホルモンに対抗することができます。

生え際(M字)が薄くなる原因と対応策を知りたい方はコチラ!